Works

実績

  • produce
  • design
  • system
  • infrastructure
  • develop
  • apps
  • content product
  • events, casting

世界各国のUNIQLO公式オウンドメディアとしてCMSを経由し、
マルチデバイスでいち早くお届け。

www.uniqlo.com/jp/news/

Client:ユニクロ様


全世代が着られる生活のための服(LifeWear)を提供し、世界的アパレルメーカーとしてグローバル展開中。


課題

2012年からエディプレックスで担当させていただいていた「UNIQLO NEWS TOPICS」エリアに関し、もう少し商品を意識したメディアとして変更したい旨の相談をいただき、EC直結導線を意識したご提案をさせていただきました。

施策

以前のNEWS主体のメディアからキュレーションを意識した総合メディアへと体系アップデートを行うべく、PC・SPのUIデザインを全面的に変更し、より画像や動画でアイキャッチできるUI仕様へアップデートし、エリアタイトルも「TODAY'S PICK UP」へと変更となりました。
またUXの強化として、カテゴリの追加や関連ワードタグ機能、記事で紹介している商品を直接カートに追加できるECとのAPI連携、公式アプリ側と連動を行う為のAPI開発など多数の機能強化も行いました。

インフラではCDNとしてAkamaiを利用している関係上、サイト内に表示する動的表示や機能を非同期化することで対応し、更に画像やソーシャルプラグインも非同期化、画像ロスレスによるサイズ軽減などトラフィック対応も実施しています。

CMS側では取材投稿される記事素材を他国で流用できるような記事流用機能を付加することで記事取材作成のコストを削減するソリューションを提案・追加実装し、現在世界20カ国で同サービスフレームを展開しています。


結果

デイリーで公開されるUNIQLO内唯一の公式メディアとして、PC・SP・APPそれぞれにCMSを経由し記事を滞り無く配信。記事公開によるサイト流入数の増加。サイトSEOへの貢献。各記事からのソーシャル連動による拡散・流入。オンライン商品購入導線の1つとして貢献。など複数の効果を生み出しています。

掲載事例の著作権は全てクライアント及び権利元に帰属します。
掲載内容の変更・削除に関するお問い合わせはこちらよりお願いいたします。

 


記事ページはCMSから各デバイス向けにパブリッシュ。


日々の運用業務を円滑に進める為の専用管理ツール。


更新担当者様が使いやすいCMSインターフェイスを実現。


UNIQLO公式PC・スマホ・アプリにはAPI連携により記事情報を連動表示。


本体ECとのAPI連携により記事から直接カート投入可能。


より知覚的にわかりやすい企画書や提案書をご用意。


世界各国のUNIQLO公式サイトに順次展開中。


キャッシュサーバーAkamaiに対応したシステム設計。

 

close to you

あなたの良きパートナーとしてお手伝いいたします

まずはお気軽にお問い合わせください。
ご要望やご予算に合わせてよりよい形を
ご提案させていただきます。

Contact

担当者に相談する

close to you

あなたの良きパートナーとしてお手伝いいたします

まずはお気軽にお問い合わせください。
ご要望やご予算に合わせてよりよい形を
ご提案させていただきます。

Contact

担当者に相談する